ピルで避妊できる大人になろう

女性がコンドームを持ってるのってなんか気が引けて、恥ずかしいと思っていませんか?しかし、それで避妊を相手任せにして、いざデキてしまったら相手のせいにするのはちょっと違いますよね。コンドームが嫌ならピルでしっかり避妊しましょう

ピルで避妊できる大人になろう

ピルでも妊娠を防ぐのができる大人

避妊の方法として最もメジャーなのはコンドームの着用かもしれませんが、コンドームは破損や射精直前に着用する間違った着用方法によって成功率は実は80~85%程度なのです。また若い年代ですと、性行為中にコンドームを着用しなくても射精を外に出せば避妊できると信じている人もおり、避妊に対して間違った認識をしている人も少なくありません。そのため今現在、妊娠を望んでいないならば自分で出来る避妊方法を取る、ということは自分の身を守ることのできる大人の行為とも言えます。自分で出来る避妊方法としてピルを使用することが挙げられ、その中でも比較的副作用が少ない低用量ピルは最も多く使われている種類です。(※避妊ピルの詳細はこちら)低用量ピルには妊娠時に多く分泌されるプロゲステロンが配合されており、これを毎日同じ時間帯に服用し体内のプロゲステロンの濃度を一定にし、身体は妊娠したと脳が勘違いすることで排卵の停止を命令し避妊の効果を発揮します。排卵が停止されることで子宮は一時的に休めることも出来るので、避妊の効果だけでなく、子宮系の治療にも良いですし、場合によっては低用量ピルの服用を止めた時に妊娠しやすい子宮にすることも可能になります。またホルモンバランスを整える効果もあるため、月経前症候群の改善にもつながります。この様に低用量ピルは避妊の効果だけでなく、女性を悩ます問題を解決することのできる強い味方でもあると言えます。避妊を人任せにしないで自分ですることだと自覚することは、大人の女性だからこそ考え付くことだと言えます。仕事にしろ趣味にしろ、今現在、自分が大切にしていることを優先したいと考えるのであれば、望まない妊娠をしないことは重要ですし、そうすることで自分の身体を大切にすることにもつながるのです。