女性がコンドームを持ってるのってなんか気が引けて、恥ずかしいと思っていませんか?しかし、それで避妊を相手任せにして、いざデキてしまったら相手のせいにするのはちょっと違いますよね。コンドームが嫌ならピルでしっかり避妊しましょう

ピルで避妊できる大人になろう

家族性高脂血症の方はピルは注意、風邪薬との併用は可

近年、低用量ピルが解禁となったことを受けて、より安全に服用できるようになったので、興味を持ち始めている女性も増えています。ピルは言わずと知れた女性が飲む避妊薬ですが、コンドームなどに比べても失敗がなく、毎日きちんと同じ時間に飲み忘れさえなければ、ほぼ、百パーセントに近い確率で望まない妊娠を回避させることができます。女性の社会進出が進んでいる現代において、予期せぬ妊娠によって、人生設計を大きく狂わされてしまうことのないようにするためにも、そして、社会人として自身の健康管理を徹底させるためにも、ぜひ服用することをお勧めします。低用量ピルを服用するようになると、女性の習慣である毎月の生理が、格段に楽に過ごせるようになります。経血量もごくわずかになり、生理痛も生理前のイライラもおさまります。生理前になると悩まされるニキビなどの肌荒れもなくなり、生理周期もカレンダーのごとくピタッと安定するようになるので、スケジュール管理がしやすくなります。このように、日常生活の質は格段に向上し、生理によってホルモンバランスが崩れることによる、心と身体の揺らぎを収めてくれます。ただし、希望すれば誰でも服用できるというわけではなく、持病や家族性の遺伝による高脂血症を患っている方などは、服用に当たっては医師の診断を仰がなければなりません。ピルを服用するようになると、血栓ができやすくなってしまうため、高脂血症の方の場合はさらにリスクが高まります。なお、風邪薬やビタミンなどのサプリメント、栄養剤、飲酒は併用可能です。ただし、サプリメントの中には、ピルの効果を下げてしまうものもあるので、普段飲んでいるものがあるなら、必ず医師に申告しておきましょう。