女性がコンドームを持ってるのってなんか気が引けて、恥ずかしいと思っていませんか?しかし、それで避妊を相手任せにして、いざデキてしまったら相手のせいにするのはちょっと違いますよね。コンドームが嫌ならピルでしっかり避妊しましょう

ピルで避妊できる大人になろう

記事一覧

家族性高脂血症の方はピルは注意、風邪薬との併用は可

近年、低用量ピルが解禁となったことを受けて、より安全に服用できるようになったので、興味を持ち始めている女性も増えています。ピルは言わずと知れた女性が飲む避妊薬ですが、コンドームなどに比べても失敗がなく、毎日きちんと同じ時間に飲み忘れさえなければ、ほぼ、百パーセントに近い確率で望まない妊娠を回避させることができます。女性の社会進出が進んでいる現代において、予期せぬ妊娠によって、人生設計を大きく狂わされてしまうことのないようにするためにも、そして、社会人として自身の健康管理を徹底させるためにも、ぜひ服用することをお勧めします。低用量ピルを服用するようになると、女性の習慣である毎月の生理が、格段に楽に過ごせるようになります。経血量もごくわずかになり、生理痛も生理前のイライラもおさまります。生理前になると悩まされるニキビなどの肌荒れもなくなり、生理周期もカレンダーのごとくピタッと安定するようになるので、スケジュール管理がしやすくなります。このように、日常生活の質は格段に向上し、生理によってホルモンバランスが崩れることによる、心と身体の揺らぎを収めてくれます。ただし、希望すれば誰でも服用できるというわけではなく、持病や家族性の遺伝による高脂血症を患っている方などは、服用に当たっては医師の診断を仰がなければなりません。ピルを服用するようになると、血栓ができやすくなってしまうため、高脂血症の方の場合はさらにリスクが高まります。なお、風邪薬やビタミンなどのサプリメント、栄養剤、飲酒は併用可能です。ただし、サプリメントの中には、ピルの効果を下げてしまうものもあるので、普段飲んでいるものがあるなら、必ず医師に申告しておきましょう。

続きを読む

生理前の怒りの沸点が低い人、ピルを飲みましょう

女性と生理は、人生の大半を占める問題で、切り離して考えることはできません。個人差はあれども、生理によって、普段より体調が悪くなってしまう、という経験をされている方は圧倒的に多く、日常生活や人間関係にまで支障をきたしてしまっている方も少なくありません。生理期間中だけではなく、生理前に様々な身体の不具合、精神的なトラブルを抱えている人も多く、これらは生理前症候群として知られるようにはなっていますが、なかなかそういった知識が広く浸透していないのも事実です。生理前になると、どうにも怒りの沸点が低くなるため、何でもないことでイライラする、逆に落ち込み涙もろくなるなど、感情の起伏が自分でもコントロールが効かなくなってしまうという方も多く、周囲と衝突してしまったという経験を持つ方も少なくありません。同じ女性でも、生理習慣には個人差が大きいので、こういったことが理解されず、わがままな人間といったレッテルをはられてしまうこともあり、男性に至っては、ヒステリーな女、で片づけられてしまうこともあります。しかし、こういった問題も、低用量ピルを服用することで解決でき、日常生活を快適に過ごせるように身体を整えてくれます。ピルは、言わずと知れた女性が飲む避妊薬ですが、高い避妊効果があるだけではなく、生理周期を安定させたり、生理痛を緩和させたり、生理時の出血量を減少させたり、生理をごく軽いものに変えてくれます。普段と変わらないほどに快適に過ごせるようになるので、生理だからとあきらめていたこともあきらめずに済むようになります。毎日決まった時間に一錠、ピルを飲みさえすれば、不用意な妊娠が回避できるうえ、生理習慣も楽になり、肌も美しくなっていきます。

続きを読む

月経に伴って吹き出物が出る場合ピルが効くケースも

ピルは、避妊以外にも子宮内膜症や生理痛など、様々な目的で使われています。

月経の周期に合わせてニキビや吹き出物が出る場合も、有効である可能性が高いです。

ピルの成分である、エストロゲンには皮脂腺の分泌を抑制したり、コラーゲンの合成を促進したりする作用がありますので、エストロゲンが不足すると、皮膚のはりやつやが失われたり、ニキビやシワの原因となります。

そこで、低用量や超低用量のピルを服用することで、吹き出物が改善することがよくあります。

生理痛や生理不順や子宮内膜症の治療で服用し始めた患者さんが、「最近、お肌の調子も良くなりました」、「なんだか最近、吹き出物も出なくなりました」と言われることがよくあります。

皮膚科で塗り薬などを貰ってもなかなか良くならなかった吹き出物や、月経の前だけは皮膚科の薬が効かなかったという人が低用量ピルを服用することで、月経前の吹き出物がきれいになったというケースが多いのです。

やはり、外から薬をぬってもなかなか治らない吹き出物やお肌のトラブルは、体の中から治すことが大切なのでしょう。

一昔前はエストロゲンの含有量が50μgの中用量のピルを使っていましたが、吐き気などの副作用が多いことや子宮頸がんのリスクや静脈血栓症のリスクが高くなることが大きく報じられ、「ピルは怖い」というイメージが強く叩きつけられました。

しかし現在は、エストロゲンの含有量が50μg未満の低用量のピルを使います。数年前より25μgの超低用量でも十分な効果があり副作用もほとんどないことが判り、25μgの超低用量を使うことも増えています。

一昔前のような副作用の心配はほとんどありません。子宮頸がんの発症リスクは1万人当たり1人増える程度です。
逆に卵巣がんや子宮体がんのリスク、乳腺の良性腫瘍の発症リスクは低下します。

続きを読む

低用量ピルと不妊について

低用量ピルとは、女性ホルモンを利用した避妊薬です。含まれている女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが脳下垂体に作用して、卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑える働きがあります。
日本の避妊方法の中で最も安全性が高く、避妊率が高い方法になります。
女性ホルモンが卵胞を制御して、子宮内膜の変化で受精卵を着床しにくくし、子宮頸管の粘液の変化によって精子を子宮に入りにくくするとい仕組みです。
避妊だけではなく、月経困難症の軽減や月経周期をただしく28周期にする、子宮内膜症の治療効果があるなど様々な効果を得ることができます。
しかし、勘違いされやすいのが不妊との関係です。ピルを服用していると将来不妊になるのではないかという不安を持つ人も多いですが、ピルを飲んでいて不妊になるということはないとされています。
飲むのを止めれば自然な月経が回復して妊娠が可能となります。薬による胎児への先天異常などの影響も特に問題はないと考えられています。
むしろ不妊の予防にも使われている薬です。なかなか赤ちゃんができない原因としては子宮内膜症などの婦人病が原因である場合も多く、その病気を治療するために使われます。また、体外受精などを行うときには排卵日を把握する必要あるため、月経周期を一定にする必要があります。この月経周期をコントロールするために利用されます。
他にも体質的に黄体ホルモンの量が少ない人もおり、そんな人は流産しやすくなってしまいます。そこで黄体ホルモンが含まれているピルを飲むことでホルモンが補充することができ、受精卵の着床をサポートする働きもします。
服用したい場合には、きちんと医師と相談してから飲み始めることが大切です。

続きを読む

ピルは病院へ行かないと買えないのか

ピルを購入するスタンダードな方法としては婦人科の様な病院からの購入になります。そこで医師から副作用や使用上の注意の説明、必要な場合は検査をすることで安心して使用できる環境が整います。しかしその他の購入方法として薬の通信販売を利用する方法もあります。
薬の通信販売は海外からピルを輸入することで病院よりも安く購入することが出来ます。また病院と異なり処方せんなしでも購入することが出来るため、自宅や職場の近くに婦人科がない人は非常に便利な購入方法と言えますし、1回に複数シート購入することで更に割引を効かせることが出来、激安の購入方法でもあります。しかし通信販売を利用するためには注意点があり、それは医師からの購入ではないということです。先述しましたが病院で購入する際に医師から詳しい説明を受けます。これは初めてピルを使用する人からすると、薬の説明を詳細に聞き、分からないことがあれば直ぐに質問できるので、安心して使用できることがメリットと言えます。通信販売業者も質問をすれば返信し丁寧に答えてくれることでしょう。しかし自分の体質に合うかどうか、合わない場合はどの様なピルがあるのかは医師に直接判断を仰ぐことが出来るので、初めてピルを使用する人は安心して使用できるようになるまでは病院から購入することをお勧めします。
結論としてはピルは病院だけでなく、通信販売からも購入することが出来るが、通信販売を利用する場合は安心してピルを使用できる状態になってからがベストである、ということです。またピルはあくまでも薬だということを忘れずに、通信販売から購入して身体に異変が出たら病院から処方していなくてもすぐに医療機関で受診ししょう。

続きを読む

ピルを使ってもコンドームは必ず付ける

ピルは高い避妊効果があるとされており、避妊に男性の協力が必要ないというメリットがあります。また、避妊していることを告げる必要もありませんし、女性が自発的に避妊することのできる方法です。コンドームのように事前に準備しておく必要もなく、装着する手間もかかりません。また、ピルは正しく服用することでほぼ確実に避妊できると言われており、コンドームの場合は破れてしまうこともあるので避妊率は95%程度と言われています。ちなみに、ピルを服用していると避妊効果が得られることはもちろん、生理痛を軽くすることができますし、病気のリスクを下げる効果も期待できます。女性にとってはさまざまなメリットのある薬と言えるでしょう。しかし、コンドームには性感染症を予防する効果がありますが、ピルにはそのような効果がないため、ピルを服用していてもコンドームも着用した方が安心できるとされています。また、ピルを服用すると体が妊娠している時と同じような状態になるため、つわりのような症状が出てしまうこともあります。低用量ピルは副作用が軽いとされていますが、飲み始めの頃は吐き気などの症状が出てしまうこともあるので注意しましょう。また、生理周期はストレスや体調などによってずれてしまうこともあります。この薬には生理周期を整えると言う効果もあるため、生理不順で悩んでいる人も病院で処方してもらうと良いでしょう。また、ピルだけでなく女性用のコンドームというものもあります。これはドラッグストアなどで購入することができますし、男性がコンドームを嫌がった場合でも女性が避妊のために自ら使うことができるので便利です。ちなみに、膣外射精は避妊法としては認められていないので注意しましょう。

続きを読む